玄関前にある盛り塩の意味・・・。実は間違っていた?

玄関前にある盛り塩の意味・・・。実は間違っていた?

よく玄関先に逆三角形の形をした「盛り塩」をおいてある家がありますよね!

一般的には厄除けや場の浄化運を引き寄せる開運のために置いてある所が多いみたいですね。

実はその盛り塩は誤った使い方だったみたいです!いったい本当はどのように使っていたのでしょうか?

盛り塩は古代中国の女性たちが皇帝の気を引こうとして考えた恋愛テクニックだったみたいです!

古代中国の女性がたくさんの人から自分を見つけ出してもらうため

一人の女性が閃きました!

自宅の前に塩を盛ったものを置いてみると・・・?

自宅の玄関先に塩を盛ることで皇帝の馬車が止まり、見事女性の作成は成功しました!



大好きな塩につられて、牛が自分の屋敷の前に来たところで立ち止まれば、皇帝もやむなく自分の家に来てくれるのではないかと考えたのです!

なんとも頭のいい女性ですね!

それから盛り塩は「お客様を呼び押せるおまじない」として世間に広まりました!

まかさ盛り塩は厄除けのまじないではなく人を呼ぶための物だったんですね!

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんありますね笑

よければシェアしてください!

フォローする

『玄関前にある盛り塩の意味・・・。実は間違っていた?』へのコメント

  1. 名前:@himena 投稿日:2016/05/19(木) 06:50:59 ID:c43bc0a84 返信

    盛り塩は猫避けじゃないんですね(OvO)

  2. 名前:名無し 投稿日:2016/05/19(木) 08:08:54 ID:e382af336 返信

    いや、常識でしょ

  3. 名前:名無し 投稿日:2016/05/19(木) 08:26:51 ID:6b712b5a2 返信

    見事女性の作成に成功www
    盛り塩半端ないww