『歳』と『才』の違いって知ってた?

『歳』と『才』の違いって知ってた?

私達は年齢を告げる時に『○○さい』という言葉を使いますがこれには2つ漢字がありますね。

この二つって何が違うの?

年齢を表す時は『歳』『才』どちらを使えばいいのでしょうか?少しご紹介しましょう!

普段よく使っている漢字の「才」。実は能力や賢さなどを意味する文字です。

たとえば、才能・天才・秀才などが挙げられます!

人間の生まれ持った素質と能力で、才能才能がある、人材という意味だそうです。

正解は少し難しい漢字の「歳」が主に数、年月を表す文字になります。

例としたら、お歳暮歳末(さいまつ) でしょうか。

『歳』の意味は”作物の穂を刈り取るまでの時間の流れ”を意味していて、そこから「一年」になり、平安時代では年齢を表す漢字として使われていました!

それではなんで今は「才」を使うようになったの?という疑問が出てきます。

面数と筆数が多いことから手間を省くために日本では『才』を『歳』の代用漢字として使われるようになりました。

小学校で『才』を習って中学校で『歳』を習います。

今となってはほとんどのメディアや本でも代用漢字の『才』が使われるようになりましたが、それでも正式な書類では『歳』を使ったほうがいいでしょう。

意外と知らない人もいたかもしれませんね。学校で先生や他の人が教えてくれてすでに知っている人はいましたか?

よければシェアしてください!

フォローする

『『歳』と『才』の違いって知ってた?』へのコメント

  1. 名前:りたはや 投稿日:2016/05/16(月) 06:59:21 ID:9babfaf74 返信

    すぎょい!