【国際】米国務省、全世界を対象に渡航注意促す 「テロの脅威高まる」 H27/11/24

【国際】米国務省、全世界を対象に渡航注意促す 「テロの脅威高まる」 H27/11/24

1:2015/11/24(火)12:37:37 ID:

 全世界対象(アメリカからみて海外)の渡航注意勧告発令

アメリカ国務省のサイト(英語)
ttp://www.state.gov/

紹介記事URL
2015年 11月 24日 07:57 JST ロイター [ワシントン 23日 ロイター]
>米国務省、全世界を対象に渡航注意促す 「テロの脅威高まる」
http://jp.reuters.com/article/2015/11/23/us-security-idJPKBN0TC2JO20151123

>米国務省が全世界対象に渡航注意喚起情報 「テロリストの脅威高まる」
2015/11/24 12:20 J-CAST
http://www.j-cast.com/2015/11/24251293.html

2:2015/11/24(火)17:07:11 ID:

ほんとアメリカはこの辺のフットワークが軽い

3:2015/11/24(火)17:09:05 ID:

米国内にいても同じだから、さほど意味があるわけでもなさそうだが。

4:2015/11/24(火)17:14:42 ID:

もはや、人類対ムスリムの戦争だな

5:2015/11/24(火)17:15:04 ID:

一度目ではないそうだけど、これは怖いね

6:2015/11/24(火)17:15:42 ID:

全世界ってのもまた広いな

7:2015/11/24(火)17:56:20 ID:

IS(イスラム教?)との完全決着をつける覚悟ができたようだね
もはやww3というわけか

8:2015/11/24(火)18:07:19 ID:

IS対世界という図式ができあがりつつある。
聖書に預言されている最終戦争、すなわちサタン軍対ミカエル軍とは
即ちイスラム教徒対キリスト教徒の戦いのことだったのか。

9:2015/11/24(火)18:26:48 ID:

一神教と多神教の連合v.s.一神教の戦い、か。
多神教の俺たちはいつから日和ったんだ?

[ワシントン/パリ 23日 ロイター] – 米国務省は23日、パリや西アフリカのマリでの武装集団による攻撃を受けて、「テロリストによる脅威が高まっている」として国民に対し海外への渡航に注意喚起を促した。

国務省はウェブサイトで「イスラム国、アルカイダ、ボコ・ハラム、その他のテロリストグループが引き続き複数の地域でテロ攻撃を企てていることを示す情報がある」と警告した。

今回の注意喚起では、過激派組織「イスラム国」による犯行で130人が犠牲となったパリ同時多発攻撃については直接触れていなかったが、過去1年間でフランス、ナイジェリア、デンマーク、トルコやマリにおいて武装集団による攻撃があったとしている。

「(イスラム国)メンバーがシリアやイラクから戻っており、テロ攻撃が続く可能性があると考えている」と指摘。「さらに、どの組織にも属していない人物が、主要なテロ組織に触発された攻撃を計画している恐れも依然として残っている」と警告している。
引用元:ロイター

よければシェアしてください!

フォローする